「シンカイノハモン」の歌詞 玉城ちはる

2008/6/6 リリース
作詞
玉城ちはる
作曲
玉城ちはる
文字サイズ
よみがな
hidden
朝露あさつゆに きらり そっとほうめば
ふかもりうみ波紋はもんひろがって
んだ 言葉ことば そっとせば
ほら あわになって とけてゆく

まちあかりもとおくなり 列車れっしゃさきさえもらない
たどりいた その場所ばしょは そっとわたしせた
もがいてもがいて からみついた いとは ほどけなくって
やみふちあさないようにと いの

朝露あさつゆに きらり そっとほうめば
ふかもりうみ波紋はもんひろがって
んだ 言葉ことば そっとせば
もう あわになって とけてゆく

えないかおがはりついた こころ場所ばしょなんてどこにもない
結局けっきょくいつもそうだった こえをひそめ やりごした
あせってあせって かさねてきたうそさって
いまとなれば とるにたらないモノを まも

むねなか ゆらり そっとらしせば
ふかきりれて なにこわくない
ばし そらつかむことだって
ほら 出来できないことは なにもない

このふかもりうみ居心地いごこちがいい
でもふかもりうみ居場所いばしょじゃない
もうかなきゃ づいたのだから

朝露あさつゆに きらり そっとほうめば
ふかもりうみ波紋はもんひろがって
んだ 言葉ことば そっとせば
そう あわになって けてゆく

うご列車れっしゃ もどるその場所ばしょ
ふかもりうみと きっと わらない
ばす さきこたえがあるのだから
出来できないことは なにもない