「Eternal Voice」の歌詞 玉置成実

2004/2/25 リリース
作詞
Saiko Kawamura
作曲
Daisuke Suzuki
文字サイズ
よみがな
hidden
きとおるそらへと そっとばしながら
きずついた気持きもいま かすから
すこしずつ時間じかんが きっとつつんでくれるよ
このこえをさらうようにって

そらつめるかえみちきみ
突然とつぜん いつもより かなしくわらった
夕暮ゆうぐれのこうで 背中見せなかみせていたね
本当ほんとうはぬくもりをもとめていたのに

どんなきみでも つめているよ
こころはきっと かぜになる
そのとびらひらいて

きとおるそらへと そっとばしながら
きずついた気持きもいま かすから
すこしずつ時間じかんが きっとつつんでくれるよ
このこえをさらうようにって

からっぽのこころつよがるきみだけが
本気ほんきでさよならと あの時言ときいったの?
約束やくそくいまでもおぼえているならば
なみだかくしている このつかんで

完璧かんぺきなんて ありないから
つながっている 世界せかいなか
ぼくこえつけて

どこまでもつづいた このそらこうには
ぼくだけがっている きみがいる
みなみからながれた かぜおしえてくれたよ
いつのはじまりはやってくる

きとおるそらへと そっとばしながら
きずついた気持きもいま かすから
すこしずつ時間じかんが きっとつつんでくれるよ
このこえをさらうようにって