「千の祈り」の歌詞 田村直美

1997/12/17 リリース
作詞
田村直美
作曲
田村直美,石川寛門
文字サイズ
よみがな
hidden
月明つきあかかり 夜空よぞらにクレセント
素顔すがおかくしたあなたのこころみたい
きなひとかたうえ あごをせて
ぼんやりと 未来みらいまでけるとしんじていたのに

せんいのりをめて あいはなしたい
これ以上いじょう わたしみじめにしないで
あなたのおもだれかのかげおびえたくない
ただキッカケをっていた そう今夜こんやのように

キャンドルのほのおれて
パーティーがはじまる 主役しゅやく私一人わたしひとり
グラスのなかおどる シャンパンのあわ
わかれの予感よかんさえらない 無邪気むじゃきなあののよう

せんいのりをめて あいはなしたい
こんなにつらわかれだったのに
おもがあまりにキレイだったから
こころからにくめない あなたのことを

真夜中まよなかのキャッチホンに気付きづいたのが最初さいしょ
突然とつぜん訪問ほうもん卑怯ひきょうだったけど これで最後さいご

せんいのりをめて あいはなしたい
さびしさとやさしさをれて
れない自由じゆうあましながら
いつか私一人わたしひとりあいするひと出会であうまで

せんいのりをめて あいはなしたい
こんなにつらわかれだったのに
おもがあまりにキレイだったから
こころからにくめない こぼれないでなみだ