1. ひかりのまち歌詞

「ひかりのまち」の歌詞 甲斐バンド

2009/10/21 リリース
作詞
甲斐よしひろ
作曲
甲斐よしひろ
文字サイズ
よみがな
hidden
びるほどさけんでいた びるほどのした
びるほどのおしゃべりと友達ともだちなか
でもがついたら びるほどのあいをくれた
まばゆのあいつが 突然とつぜんいなくなっていた

スプリンクラーのきりあめ
りてくる にしみいるみどりしば
スプリンクラーのにじあめ
りてくる おまえひかりさえぎったのはおれだったのか

タイヤのきしむおとだけが 夕暮ゆうぐれを
かぜにころがるサンダルもそのままにして
わずかな荷物にもつだけを くるまなかにつめこんで
んにもげず げるように彼女かのじょ いえ

スプリンクラーのきりあめ
りてくる にしみいるみどりしば
スプリンクラーのにじあめ
りてくる 心奪こころうばわれかれても日々ひびぎてくのさ

テーブルにはマグカップ 廊下ろうかにはけたシャツ
かべにはきどったみんなの笑顔えがおのポートレート
おとしたテレビがうつり レコードがながれてる
すべてそろってる いつものように いないのは俺達おれたちだけ

スプリンクラーのきりあめ
りてくる にしみいるみどりしば
スプリンクラーのにじあめ
りてくる おまえひかりさえぎったのは おれだったのか