「氷のくちびる」の歌詞 甲斐バンド

1977/5/5 リリース
作詞
甲斐よしひろ
作曲
甲斐よしひろ
文字サイズ
よみがな
hidden
かなしきこい結末けつまつ
ぬけがらのように
ぼくきずついた
火遊ひあそびのての
あれは本気ほんきこい
指輪ゆびわひとつのこきみ
部屋へやていった
かれても
ひとつに
なりはしないこころ
きみぼくうでなか
うそ涙流なみだながしてた
あの時君とききみげすてた
あいのかけら
めたベットに
ひろあつめひとりいだけば
今夜こんやこおりのくちびるが
ぼくうば
ふたつのからだ岸辺きしべ
こおりのくちびるがぼくうば
なみのようにくだけては

かなしきうたはじまりは
追憶ついおくなか
夕暮ゆうぐれのカフェ
しろゆびとも
キャンドルライト
ほのおはとけ
心変こころがわりにながれてゆく
かがみのこした
ルージュのわか
言葉ことばかげ
おとこにもたれた
あのきみ姿すがたがあった
一輪いちりんざしの
こぼれたバラのように
ゆめのさめぎわの
仕打しうちはむごく
今夜こんやこおりのくちびるが
ぼくうば
ふたつのからだ岸辺きしべ
こおりのくちびるがぼくうば
なみのようにくだけては
こおりのくちびるがぼくうば
ふたつのからだ岸辺きしべ
こおりのくちびるがぼくうば
なみのようにくだけては