「裏切りの街角」の歌詞 甲斐バンド

1975/6/5 リリース
作詞
甲斐よしひろ
作曲
甲斐よしひろ
文字サイズ
よみがな
hidden
あめにけむる街並まちなみ
いきをきらして かけつづけた
つきささる吐息といきをはいて
えきへのみちかけつづけた
わかってたよ
おいらじゃだめさ
でも二人生ふたりいきてきたんだ
とぎれた電話でんわ
きてゆく
かなしさにきみこえ
しとしと五月雨さみだれ
わだかまり
きみさえ いてくれたならば
はしくるまどろにたたかれ
見上みあげたとき まちがないてた
とぎれとぎれに靴音くつおと
えき階段かいだんひびいてる
たのしくぎてひとごみ
切符きっぷをにぎったきみがいた
わかったよ
どこでもけばいい
おいらをふりきって
汽車きしゃなか
おもわずたたくガラスまど
きみはふるえかおをそむけた
しとしと五月雨さみだれ
またひとつ
ネオンがよるにとけてく
たよりない心傷こころきずつけて
裏切うらぎりの街角まちかど
ぎてきた

しとしと五月雨さみだれ
プラットホームを
いま おもはし
発車はっしゃのベルさけごえなか
あのひとえなくなった
発車はっしゃのベルさけごえなか
あのひとえなくなった
あのひとえなくなった