1. 夏嵐の夜歌詞

「夏嵐の夜」の歌詞 甲斐名都

2007/8/8 リリース
作詞
甲斐名都
作曲
甲斐名都
文字サイズ
よみがな
hidden
ぎこちない空気遮くうきさえぎるように したつよあめ
ひだり手首てくび 不意ふいつかまれた
はしいきもつけないまま

混乱気味こんらんぎみまちながめながら められて ふたり屋根やねした
けてる背中せなか むね鼓動こどうバレないように

このまま何処どこげてしまおう 夏嵐なつあらしよるにまぎれて
いまならはるかどこへでもけそうだから だれにも内緒ないしょ

時計とけいはりもどってく 素知そしらぬかおをして
まばたしたネオンのすみうごけないままの二人ふたりがいた

つくろ言葉ことばついに途切とぎれて
雨音あまおとかさなるおもこぼちそう
むね鼓動気付こどうきづいてほしい

このまま何処どこげてしまおう 夏嵐なつあらしよるにまぎれて
つめたいゆびあつ身体からだ
やみなかなに期待きたいしてるんだろう

歯車はぐるまくるしたら もどすべなどらない
まじわらない視線しせんてる未来みらい

きっとおなじとしんじたい うそでいいから…

このまま何処どこげてしまおう 夏嵐なつあらしよるにまぎれて
いまならはるかどこへでもけそうだから
二人ふたりしからない場所ばしょ

このまま何処どこかさらってくれてもいいんだよ 夏嵐なつあらしよるにまぎれて
つよくこのいてくれたら どこまでもんでけるがしたのに

ねえ きみおな気持きもちでいるの?