「雪の降る街」の歌詞 甲斐名都

2010/1/20 リリース
作詞
甲斐名都
作曲
甲斐名都
文字サイズ
よみがな
hidden
最後さいご景色けしきまるドアこう うつむいたまま
とおざかるきみ

はじめてったおもすよ
マフラーに顔隠かおかくしろ天使てんし
はなれてく列車れっしゃ まぼろしのよう
なかわたしそびれたかんコーヒー

ゆきまちゆきまちおもだけがとおぎてゆく
ぼくあるせず きみをまだ見送みおくってる

1日いちにちわり
からっぽのポスト かぜられて 季節きせつめぐ

ふかもれたあかはこなか
いまだきみからの便たよりはない
ワガママでみんなこまらせてないかい?
なんて 一人ひとりつぶやいてみても

ゆきまちゆきまちおもだけをもらせてゆく
ぼく相変あいかわらず きみをたださがしてる

えたまち 雪明ゆきあかりでキスをした
シアワセなはずが ほんとうはすごくこわかった
きみはなぜだか いまにもえてしまいそうで

ゆきまちゆきまちおもだけがとおぎてゆく
ぼくはまだここにいて
るはずのないきみっている っている