1. 追憶歌詞

「追憶」の歌詞 白石蔵ノ介(細谷佳正)

2015/3/1 リリース
作詞
K.K・谷藤律子
作曲
K.K
文字サイズ
よみがな
hidden
はるざしに こおらせていた
おもがそっとます
きみ記憶きおくは どこかあまくて
だけどむねしつづけてる

無駄むだなことで きずつけあって
二度にどとしないとちかって かえした

サクラ花吹雪はなふぶきした
何度なんどでも きみおも
もう一度いちど そばにけるなら
けっしてはなさないよ
った 季節きせつをこの
色彩しきさいときえて
春色はるいろのあの笑顔えがお
きみにあげたいから

ゆめ必死ひっしになるぼくごとを
わかってくれてるとしんじて
きみのさみしさ づいていても
いつだって後回あとまわしにした

自分勝手じぶんかってはしってたあし
一瞬いっしゅんめてえば よかったのに

サクラ花吹雪はなふぶきした
わすれない きみおも
後悔こうかいは とけることもなく
むねつづける
はなれたら わってけるほど
簡単かんたん気持きもちじゃない
おそいってわかってるよだけど
きみきしめたい

ぎた時間じかんかえらないと
っているけど
でもこのまま わすれること
できないとわかってたから

サクラ花吹雪はなふぶきした
もう一度いちど きみはし
はなびらでまるみちまっすぐ
きみけだしてく
った 季節きせつをこの
色彩しきさいときえて
春色はるいろのあの笑顔えがお
きみにあげたいから
きみにあげたいから