1. 星空のキャラバン歌詞

「星空のキャラバン」の歌詞 白組(NMB48)

2012/11/7 リリース
作詞
秋元康
作曲
渡辺淳
文字サイズ
よみがな
hidden
コテージからそとてみたら
首筋くびすじすべりるふゆ空気くうき
高原こうげんよる360°さんびゃくろくじゅうど
すべて見渡みわたせてしまう

なにうたがいたくなる
そらのそのひろ
なぜ2人ふたりはここで出会であったのだろう

星空ほしぞらのキャラバンはすす
磁石じしゃくはり みちびかれ
運命うんめい地図ちずさが
くらさむ荒野こうやえて
ながたびつづくよ
うつくしき蜃気楼しんきろうたち

つつんだコーヒーカップ
こころまであたたかくなる熱伝導ねつでんどう
手上てあげになった落葉樹らくようじゅえだ
そっとためいきついてる

はるはやがてるのに
いまのタイミング
なぜ2人ふたりきゅうあいったのだろう

星空ほしぞらのキャラバンはすす
過去かこ荷物にもつ んだまま
あたらしいゆめせよう
はるとお銀河ぎんがのどこか
まりはあるのか?
かがやいた冒険者ぼうけんしゃたち

星空ほしぞらのキャラバンはすす
磁石じしゃくはり みちびかれ
運命うんめい地図ちずさが
ひとだれ一列いちれつになって
ゆめ移動いどうするんだ
人生じんせいたびするものたち