「ときめきの足跡」の歌詞 白組(SKE48)

2011/7/27 リリース
作詞
秋元康
作曲
服部マキコ
文字サイズ
よみがな
hidden
ときめきの その足跡あしあと
そっと いかけたら
あなたがってた
友達ともだち一人ひとりだから
まさかこいだなんてづかなかった

たびになぜか意識いしきしてたのは
こういうことだったのね
ずっと あなたのかお
あたまからえない

このむねの そうあちこちに
せつなさのみずたまりができてた
きゅんとしちゃう青空あおぞら

ときめきの その足跡あしあと
よこならびながら
あるきたくなった
どこへでもれてって
ゆめてるような素敵すてき日々ひび

いとしさはいつもみちちていて
らずにまたいでいるもの
だけど なにがきっかけか
ひろってしまったの

人生じんせいはじまったばかり
足下あしもとたのしみたいとおも
そっといたはな

そばに わたしがいても
なにづかないでしょう
運命うんめい出会であいはえなくて
そばに あなたがいても
なにかんじなかった
そんなたりまえ
こいそだてているのね

このむねの そうあちこちに
せつなさのみずたまりができてた
きゅんとしちゃう青空あおぞら

人生じんせいはじまったばかり
足下あしもとたのしみたいとおも
そっといたはな