1. 卒業式の忘れもの歌詞

「卒業式の忘れもの」の歌詞 白組(SKE48)

2011/3/9 リリース
作詞
秋元康
作曲
浜崎裕司
文字サイズ
よみがな
hidden
制服せいふくてる先輩せんぱいえるのは
これが最後さいごだとおもうとける
毎日まいにち ずっと どこかにさがして
たか明日あしたから見当みあたらない

校庭こうていすみ満開まんかいさくらたち
春風はるかぜ陽射ひざしのしずくれている

おもわすれもの
ずっと そばにいたのに…
こころはしっこにそのままにしてた
のこされたさみしさと
ホントはきだったこと
かんがえないように
無邪気むじゃきごした季節きせつわる

制服せいふくすこちいさめにえるのは
きっと 大人おとなになったからでしょう
4月しがつになれば 都会とかいへとってしまう
そのかた一枚いちまいゆめ はなびら…

校門こうもんなかで テニスのみんなあつまり
微笑ほほえみになみだかくして見送みおくった

おもわすれもの
むねがきゅんとして
日向ひなたがいつもより あたたかくかんじる
時々ときどきいて
わたしをちゃんとしい
一度いちどえぬまま
あこがつづけた季節きせつあとで…

おもわすれもの
ずっと そばにいたのに…
こころはしっこにそのままにしてた
のこされたさみしさと
ホントはきだったこと
かんがえないように
無邪気むじゃきごした季節きせつわる