「桜舞い降りる頃、涙色 feat.mayo」の歌詞 相川七瀬,岡本真夜

2014/3/5 リリース
作詞
相川七瀬
作曲
岡本真夜
文字サイズ
よみがな
hidden
桜舞さくらまりるころ涙色なみだいろ
つめえばときすな
どんなにつよってみても
ひとつにはなれないから

薄紅うすべにかぜとざわめき
迷子まいごみたいに明日あしたにはぐれてく2人ふたり
わざとつよがりってみせても
こころ、のぞかれてまたせつなくて

桜舞さくらまりるころ涙色なみだいろ
あいすればあいするほど
そのこえかみもそのぬくもりも
やさしいうそ彷徨さまよ

桜舞さくらまりるころ涙色なみだいろ
はかなゆめ後先あとさき
どんなにつよかれってても
ひとつにはなれないから

きずついたはねひろげて
とりれにおもいをかさねた
はるかぜのようなくちづけに
こころらめいてまたこいしくて

桜舞さくらまりるころ涙色なみだいろ
無邪気むじゃき日々ひびめても
きずついてくしたとき欠片かけら
もとにはもどらないから

ゆめうつつりかごみたいに
はじまればわりにかいとききざ

桜舞さくらまりるころ涙色なみだいろ
あいすればあいするほど
そのこえかみもそのぬくもりも
やさしいうそ彷徨さまよ

桜舞さくらまりるころ涙色なみだいろ
はかなゆめ後先あとさき
どんなにつよかれってても
ひとつにはなれないから

ひとりきりりゆくはなびら