1. 「THE END」歌詞

「「THE END」」の歌詞 相川七瀬

2001/2/21 リリース
作詞
相川七瀬
作曲
KANAME
文字サイズ
よみがな
hidden
パラパラとめくるページ
ちてゆく あおなみだ
子羊こひつじやみにふるえて
つみ何処どこかで おもいあがる

ひとりきりで まれてきたのに
なぜひと孤独こどく
そしてまた おもいにふけ
こいをてなずける すべもなく

キミはキレイなものばかり あつめてらしてたのに
どうしてぼくえらんだの?
しがるものはわせてもないのに

月光げっこう欄干らんかん運命うんめいからまって
どれがあいで どれがうそ
永遠えいえんなど 何処どこにもなくて
ぼくはキミを またくるしくあいしすぎてしまうから
ねえ、そんなふうつめないで
希望きぼうゆみまないで

約束やくそく未熟みじゅくつみ
だれもいつしか ってゆく
あどけない その横顔よこがお
キミをてなずける つもりもない

きずついてきずつけられて いつか臆病おくびょうになる
ぼくあさねむりのなか
ゆめ欠片かけらひとつづつつむいでいる

意識いしきもなく あやつられる
ひとはそれを あいんで
ぬくもりさえ 言葉ことばでさえ
真実しんじつなどわりつづけて
そしていつも 虚像きょぞうあいゆめえがいてしまうから
ねえ、そんなふうもとめないで
絶望ぜつぼうふちいつめないで

「THE END」のすな画面がめん
シーツはあい痕跡こんせき