「光と影の迷宮」の歌詞 相川七瀬

1996/7/3 リリース
作詞
SAKUYA,織田哲郎
作曲
織田哲郎
文字サイズ
よみがな
hidden
昨夜見ゆうべみゆめがなぜか
あたまからはなれないよ
くずちる
とうなか
いくらたすもとめても
さけびうつろにひびくだけ
ダレカ ココカラ
ツレダシテ
ひかりかげ迷宮ラビリンス
出口見でぐちみつからないまま
いつかかがや
その瞬間とき夢見ゆめみてた
大丈夫だいじょうぶだよきっと
自分じぶんかせて
明日あしたかって
ゆっくりと
あるしてみるよ
もう一度いちど
にしたものは
いつだって
すぐにゆび隙間すきまから
こぼれ ちて
ゆくけれど
このむねおくいま
あかちいさなほのお
える ことなく
れている
ひかりかげ迷宮ラビリンス
かきされそうなおも
きしめながら
きてたよ いつだって
大丈夫だいじょうぶだよきっと
一人ひとりつぶやいてみる
ずっとえがいてた
未来あしたしんじてみたい
もう一度いちど

ひかりかげ迷宮ラビリンス
出口見でぐちみつからないまま
いつかかがや
その瞬間とき夢見ゆめみてた
大丈夫だいじょうぶだよきっと
自分じぶんかせて
明日あしたかって
ゆっくりと
あるしてみるよ
もう一度いちど
ひかりかげ迷宮ラビリンス
大丈夫だいじょうぶだよきっと
もう一度明日いちどあしたへと
あるしてみようよ