「China Rose」の歌詞 相川七瀬

1999/12/8 リリース
作詞
相川七瀬
作曲
織田哲郎
文字サイズ
よみがな
hidden
こころのほとりにいている
あかいひとひらが
れている
あらしのあとにあま余韻よいん
のこしてただよっている
あいしあった日々ひび
もうなにめないでね
いまにもこぼれて
しまいそうな言葉ことば
あなたは
らないままでいい
そのうでなか
永遠えいえん瞬間しゅんかん
わたしきざんだまま
China Rose
China Rose
China Rose
China Rose
手折たおられることを
っている
慟哭どうこくはなひかってる
とき狭間はざまこおりついた
なみだいたみさえわす
おもをただかがやかせて
ゆくものね
ほんのすこしだけ
つよいていて
もうすぐ上手うまわらえそうよ
何千年なんぜんねんたって
まれわっても
あなたを
あいしてしまうでしょう
China Rose
China Rose
China Rose
China Rose

いまにもこぼれて
しまいそうな言葉ことば
あなたは
らないままでいい
そのうでなか
永遠えいえん瞬間しゅんかん
わたしきざんだまま
ほんのすこしだけ
つよいていて
もうすぐ上手うまわらえそうよ
何千年なんぜんねんたって
まれわっても
あなたを
あいしてしまうでしょう
China Rose
China Rose
China Rose
China Rose