1. Velvet moon歌詞

「Velvet moon」の歌詞 相川七瀬

1998/7/8 リリース
作詞
相川七瀬,織田哲郎
作曲
ホリエアキラ
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆめくるはじめてる 真夜中まよなか太陽たいよう
がるこの身体からだ けるように あつ

あまあまあかいジャム つめさきまでって
はだかのあたしもっと きるまであいして

もうなにもいらない ねえ感情かんじょうのまま
螺旋らせんえがふたつのたましい

Velvet moon たこともないかおせて
それが悪魔あくまのまなざしでも

Velvet moon 残酷ざんこくだね運命トキのイタズラ
いくらかさねても こころひきはなすの

よくないうわさきっと いているでしょう?
あなたのやさしさから ゴメンね もうすの

いつもめたフリ いつもかくしてた
本当ほんとうことだれにもわない

Velvet moon たといまうそになって
きずつくことさえこわくない
Velvet moon おぼれるようなゆめないの
またひとりになること わたしっているから

Velvet moon たことないかおせて
それが悪魔あくまのまなざしでも

Velvet moon たといまうそになって
きずつくことさえこわくない
Velvet moon おぼれるようなゆめないの
またひとりになること わたしっているから