「秋色 Refrain」の歌詞 相川恵里

2003/12/3 リリース
作詞
藤原安寿
作曲
中富雅之
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたの誕生日たんじょうび カフェでわせね
水色みずいろ砂時計すなどけい ときめきをきざむの

ミルクティーのかおり さめるまえてね
エンジェルがささやくの あのひとはすぐそこだと

街角まちかどにはあきいろ
何処どこかふっとかくれている

だからおも出一でひとつずつ こころにリフレイン
わたしからのあいが プレゼント

いつかかなら出逢であうはず 秋色あきいろリフレイン
たとえはなれても わすれない

いつものブラウスの むねはなかざ
しあわせのあおとり あのひとれててね

みどりにふといろづくとき
キラリ 笑顔えがお かんでくる

きっと何処どこかでめぐり不思議ふしぎなリフレイン
いつも わたしだけの 王子様おうじさま

あつおもいをつたえてね 秋色あきいろリフレイン
そして いつまでも きしめて

だからおも出一でひとつずつ こころにリフレイン
わたしからのあいが プレゼント

いつかかなら出逢であうはず 秋色あきいろリフレイン
たとえはなれても わすれない