1. 雪が降るまえに歌詞

「雪が降るまえに」の歌詞 相川恵里

2003/12/3 リリース
作詞
遠藤京子
作曲
遠藤京子
文字サイズ
よみがな
hidden
あゝ バスをりたら
コートのえりをたて
はやくいえかえりましょう
ゆきるまえに

街路樹がいろじゅはもう ふゆ支度したくをして
つめたいほほ背中せなか茜色あかねいろ
19じゅうくころから この季節きせつ
せつないものだと かんじていた

こいはげしさに とまどいながらも
うれしく かなしく ゆびをからめて
くちづけかわす
今夜こんや何処どこかで だれかがきずつき
あぶないまちあいかたって
がついたとき みちまよって
かえれなくなる

残酷ざんこくですね きだとうなんて
こたえることが わたしにできますか
こころほそいと ひとつれる
いまにもれそうな たかおと

こいはげしさに とまどいながらも
うれしく かなしく ゆびをからめて
くちづけかわす
今夜こんや何処どこかで だれかがきずつき
あぶないまちあいかたって
がついたとき みちまよって
かえれなくなる