「もっと愛したかった」の歌詞 真崎ゆか

2011/9/21 リリース
作詞
Yuka Masaki,HIRO(Digz,inc.)
作曲
HIRO(Digz,inc.)
文字サイズ
よみがな
hidden
三度鳴さんどならしたくつ
かわいたおとひび
「じゃあね」って言葉ことば
意外いがいにもあっけなくえてしまった

きみ背中小せなかちいさくなって
気付きづいた その存在そんざいおおきさを
えがいた未来みらいとちょっとちがうけど
二人過ふたりすごした日々ひび後悔こうかいはない
だけど…

もっとあいしたかった
もっとそばにいたかった
一人ひとりじゃよわいから はなれたくなかった
きみみたく大人おとなじゃないけれど
いまならえる
あいしてくれてありがとう

永遠えいえんけた
最後さいご笑顔えがお むね
あとすこしだけときてば
友達ともだちべるるの?

きみはとても器用きようだからさ
わたしなにもしてあげれなくて
それでもあいつづけてくれた
本当ほんとう本当ほんと最高さいこうこいだった
だから…

もっとあいしたくて
もっとそばにいたくて
かなわないねがいだよね
でもおもっていたいよ
きみみたく大人おとなじゃないけれど
いまならえる
あいしてくれてありがとう

うつ季節きせつようにきっと
わってゆくけど
もしどこかでまた出会であえたら
むかしみたくおなかおわらっていたいよ

もっとあいしたかった
もっとそばにいたかった
一人ひとりじゃよわいから はなれたくなかった
きみみたく大人おとなじゃないけれど
いまならえる
あいしてくれてありがとう

もっとあいしたくて
もっとそばにいたくて
かなわないねがいだよね
でもおもっていたいよ
きみみたく大人おとなじゃないけれど
いまならえる
あいしてくれてありがとう