「流れ星」の歌詞 真心ブラザーズ

2009/9/2 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
二人ふたりたユメはつきさきっぽにっかかり
上昇気流じょうしょうきりゅうにさらわれてそらへとえていった

くちからでた言葉ことばはそのときだけのおとだけで
ぼくの心少こころすこふるわせてしずけさにまれる

いまでもやさしい気持きもちになれるよ きみおも
さみしい くるしい どうおもわれようともう一度会いちどあいたい

きみ大事だいじにしていたものを ぼくがきだったきみのことを
ずっと ずっときずってゆくよ
むねあつくてのたうちまわる ながぼしのように

二人ふたりにしたものはあのころだけのユメなのか
きみあるいた近道ちかみちけてかえよるかさ

こころいたくていたくてたまらないよ
夜空よぞらへつづくなが坂道駆さかみちかがりいた

きみ大事だいじにしていたものを ぼくがきだったきみのことを
そっと そっとさないでくれ
かなしみふかんでゆく ながぼしのように

ぎゅっと ぎゅっとつかんではなさない
いつも いつまでもかがやいてくれ ながぼしのように