1. 霧雨歌詞

「霧雨」の歌詞 真田弦一郎(楠大典)

2015/3/1 リリース
作詞
中畑丈治
作曲
中畑丈治
文字サイズ
よみがな
hidden
まどにうつる霧雨きりさめまち
ぼんやりとただてるそんな午後ごご

かさもささず足早あしばやある
ひと背中せなか何故なぜたのしげで

げてくるおもいは
あめしずくでそっとかしてみようか

むきしの情熱じょうねつもとめるままに
はしつづけた自分じぶんうそはないけど
まる瞬間しゅんかんのこのせつなさに
かげとした日差ひざしをさえぎるような
Misty Rain

かたちのないやさしさの意味いみ
きみ笑顔えがおったそのとき

かけがえのないものだけ
むねのこしてすべあらながすだろう

むきしの情熱じょうねつきずつけった
日々ひびもいつかはなつかしいおもとなる
西にしぞら にじとりのさえずりが
こえるからこのままつつまれてたい
Misty Rain

むきしの情熱じょうねつもとめるままに
はしつづけた自分じぶんうそはないけど
まる瞬間しゅんかんのこのせつなさに
かげとした日差ひざしをさえぎるような
Misty Rain