1. スノーホワイト歌詞

「スノーホワイト」の歌詞 真空ホロウ

2014/2/19 リリース
作詞
松本明人
作曲
真空ホロウ
文字サイズ
よみがな
hidden
モノクロのゆき
真夜中まよなか線路沿せんろぞ
った身体からだだけ
あとは全部嘘ぜんぶうそだったのさ

すべてをあいせるとおもってた
すべてをゆるせるとおもってた
かれせるらない笑顔えがお
きみがいつもかえっていく場所ばしょ

いっそのこともっとはやいうちに
あさゆめわっていればなんて
きみにとってぼく何者なにもの
ハッキリしたけどみとめられない

なにもかもってげたくて
身着みきのままで部屋へや
すれちが恋人こいびとたちの
せいなるよるぼくわらうよ

モノクロのゆき
真夜中まよなか線路沿せんろぞ
った身体からだだけ
あとは全部嘘ぜんぶうそだったのさ

このみちきみあるいたみち
はじめてのよるったカフェも
いつのにかつぶれてしまっていた
はじめからすべてうそみたいに
記憶きおくいとつむげないように
白々しらじらぼくこば世界せかい
雲間くもまからのぞ無関心むかんしん
見上みあげたままむかえたクリスマス

モノクロのゆき真夜中まよなか線路沿せんろぞ
った身体からだだけ
あとは全部嘘ぜんぶうそだったのさ

つき今日きょうまたころ
のこされたまぼろし
しろえて
きよしこのよる

モノクロのゆき真夜中まよなか大都会だいとかい
った身体からだだけ
あとは全部嘘ぜんぶうそだったのさ