1. 同情みたいなLOVE歌詞

「同情みたいなLOVE」の歌詞 矢井田瞳

2011/4/20 リリース
作詞
矢井田瞳
作曲
矢井田瞳
文字サイズ
よみがな
hidden
きずつけられたぶんだけ あなたを傷付きずつけただろう
見知みしらぬ2人ふたりのままで いたならこのいたみは
らなくてすんだのに

磁石じしゃくのようにせられる 居心地いごこちのよさにおたがあまえた
このままじゃいけないね つぎとびらけなきゃ
説明せつめいもできないね

あぁとりのさえずりひび季節きせつわるころ

きゅうにわかったような 背中せなかかるくなったような
ただ そのとおくがよくえた
あたしがいなくなっても あなたは自分じぶんみちあるいて
同情どうじょうみたいなloveに ろう

いつからか言葉ことばさえも 後回あとまわしにしてきたんだろう
わすれた約束やくそく 目印めじるしもつけなくて
さがしにもけないね

あぁつぶやいたさよならが かぜはこばれたら

きゅうにわかったような 背中せなかかるくなったような
ただ そのとおくがよくえた
最後さいごつないで ながれるちいさなかわわたって
兄妹きょうだいみたいにそっとわらった

よわさがつくった空虚くうきょを ただめるためだけじゃなく
ひとだれかとうべきだね
あなたがいなくなっても あたし自分じぶんみちあるいて
同情どうじょうみたいなloveに ろう
そしてまたいつか出会であおう