「靴音」の歌詞 矢井田瞳

2008/3/5 リリース
作詞
矢井田瞳
作曲
矢井田瞳
文字サイズ
よみがな
hidden
みみでた あなたの言葉ことば
なみうえあるひかりのように
やさしかった くるしかった
まぶしすぎて えなかった

がむしゃらに しいものだけ
宝箱たからばこんでみたけど
むなしかった だけどわかった
まだまだとお景色けしきがある その途中とちゅう

扉開とびらひらいて して げてみたり いくらはらっても
ささやくように いてくる しろ明日あしたわたし靴音くつおと

かみいろえてみたら
かがみなか 一体誰いったいだれになれるの
おおきすぎる荷物にもついて
なにいなら どこへでもけるはず

扉開とびらひらいて んでいる やさしいこえ あせらなくていいよ
らしてみるわ できるだけ とおくへひびわたし靴音くつおと

足跡あしあとにははないて にくしみがいて しおれて れて
うしろにはみち出来できだれかがあるいて つないで して

すこゆがんだ 町並まちなみをなげいてみたり いくらはらっても
あぁいつでもあいしてくれる 今日きょうそらと あなたの靴音くつおと そば