「ネジと愛」の歌詞 矢野真紀

2001/2/9 リリース
作詞
矢野真紀
作曲
矢野真紀
文字サイズ
よみがな
hidden
れなずむそらかぜ
裸足はだしわたし只立ただたすくむだけ
何故なぜこんなにむなしいのかな
めたくちびるかみった

きみはそれでいいんだよ
自分じぶんよくまっとうしてよ
きみなりのあいをこれ以上望いじょうのぞんだりしないから

このにはたしかにわたしことおもひとこころ
うつっているけどとう私自身わたしじしんはネジがちょっとりなくて
いつだってずっとあさってなのゆるして
本当ほんとう世界中せかいじゅうわたし存在そんざいびたいくらいなの

窮屈極きゅうくつきわまり都会まち
涙浮なみだうかべてつかえるむねをなでる
何故なぜこんなにくるしいのかな
えたひとみやみさえのぞ

きみはそれでいいんだよ
とがった意志貫いしつらぬいてよ
きみなりのあいだれきずつけはしないから

きみわれてはじめてわたしちいさいとづいたの
しいものはたやすくつかんでみるが中身なかみなんてりやしない
だれだってきっとおなじでしょゆるして
はがゆさながしてるわたしはやはりえるべきなのかな

このにはたしかにわたしことおもひとこころ
あふれているけどどうも私自身わたしじしんあいがちょっとりなくて
きみわれてはじめてわたしちいさいとづいたの
それなりのぬくもりばかりもとめちゃってきみすらまもれない
そう、うたうことしか出来できないわたしみとめて
本当ほんとう世界中せかいじゅうわたし存在そんざいさけびたいのに