「二人のハーモニー」の歌詞 矢野顕子・宮沢和史

1995/5/1 リリース
作詞
矢野顕子,宮沢和史
作曲
矢野顕子,宮沢和史
文字サイズ
よみがな
hidden
はじまったときから
わらないかがやきを
まきちらしている
あなたのひとみ
ありったけのこころ
あつめてつくる花束はなたば
いつになったなら
けとめてくれる
二人ふたりこいはまるで
かさねたハーモニー
はなれていても
あなたがわかる
おなじリズムで
二人ふたりこいはまるで
三度離さんどはなれたハーモニー
ちかくにいても
ばせない
五線紙ごせんしうえ

ったときから
かざらないやさしさを
とどけてくれる
あなたの言葉ことば
紅茶こうちゃれたこと
わすれてしまうくらい
こぼれた笑顔えがお
きしめていたい
二人ふたりこいはまるで
かさねたハーモニー
はなれていても
あなたがわかる
おなじリズムで
二人ふたりこいはまるで
三度離さんどはなれたハーモニー
ちかくにいても
ばせない
五線紙ごせんしうえ
わたしきなはなかおりは
あなたしからない
そののぬくもり
わたしはまだ
らない
二人ふたりこいはまるで
かさねたハーモニー
はなれていても
あなたがわかる
おなじリズムで
二人ふたりこいはまるで
三度離さんどはなれたハーモニー
ちかくにいても
ばせない
五線紙ごせんしうえ