「Be yourself」の歌詞 知念里奈

1998/7/15 リリース
作詞
森浩美
作曲
葉山拓亮
文字サイズ
よみがな
hidden
夕映ゆうばえに
ゆっくりとまるそら
こう岸電車ぎしでんしゃはしってく
このごろゲンキ
なかったみたい
きみまちしたかった
すこ遠回とおまわ
だけどユメは
えないんだから
そのむねおくまで
太陽たいようのチカラをんで
きしめてかんじあった
きみのままでいてよ
何度なんどまよっても
それでもあきらめない姿すがた
きだから
夏草なつくさにおいがする
素足すあしれあうかぜ
わたしはいつだって
かならずそばにいるから
どこまでもあるこう
夕立ゆうだちが突然通とつぜんとおぎて
グラウンドは
水浸みずびたしになった
きみ小石こいしげてわらった
きっともう大丈夫だいじょうぶだよね
わけばかりが
あのまちうまくなったけれど
自分じぶん気持きもちには
やっぱりウソは
つけないんだね
ときめいてしんじあった
きみのままでいてよ
季節きせつわっても
ふたりはなに
わらないからきてゆく
にじのかかった彼方かなた
一緒いっしょきたいから
ばなくてもいいよ
このまま日差ひざしをけて
このそらあるこう
しずかにじて
くちびるかさねあって
永遠えいえんえなくても
こんなにも
あいならちかくにある

きしめてかんじあった
きみのままでいてよ
何度なんどまよっても
それでもあきらめない姿すがた
きだから
夏草なつくさにおいがする
素足すあしれあうかぜ
わたしはいつだって
かならずそばにいるから
どこまでもあるこう