「恋だっていいのに」の歌詞 石井聖子

1997/12/17 リリース
作詞
鈴木祥子
作曲
鈴木祥子
文字サイズ
よみがな
hidden
ふたり 恋人こいびとじゃない
友達ともだちじゃない
もっととおいけど
ちか気持きも
だけどうまくえない
とても微妙びみょう距離きょり
だからむねいた
いったい“こい”って
なんだろうね
なんだろうね)
まぼろしの永遠えいえん
約束やくそくすること?
それとも理由わけもなく
ひかれ気持きもち?
こいだっていいのに
ゆめだっていいのに
あなたをてると
えなくなる
素直すなおってなんだろう?
自然しぜんってなんだろう?
いつだって自分じぶん
いかけてばかりいるの

ひとみとめたくない
わかりたくない
自分じぶんをかかえながら
きてる
ふたり どこかてるね
安心あんしんするね
もっと りたいとおも
いったいあいって
なんだろうね
なんだろうね)
あいというゆめ
見続みつづけること?
それともおたがいを
自由じゆうにする奇蹟きせき
きるって時々ときどき
つらくってなんだか
やさしいコトバに
きたくなる
自由じゆうってなんだろう?
あいするってなんだろう?
臆病おくびょう自分じぶん
もうゆるしてあげたいの

こいだっていいのに
ゆめだっていいのに
あなたがわらうと
うれしくなる
こいだっていいのに
ゆめだっていいのに
あなたをてると
えなくなる
をとって ふたり
ゆめだっていいから
あなたにえたら
今度こんどこそはつたえよう
つたえよう…
(セリフ)
こいしちゃったみたい
なんだよね
Tu turu tu tu turu…