1. おれの小樽歌詞

「おれの小樽」の歌詞 石原裕次郎

1982/11/1 リリース
作詞
杉紀彦
作曲
弦哲也
文字サイズ
よみがな
hidden
夕陽ゆうひとかした うみめられて
ども二人ふたり家路いえじけて
かえらぬむかしゆめをみるような
おれの小樽おたる港町みなとまち
おふくろ おれの んで

とお季節きせつかた運河うんがには
りをおしえた 親父おやじうつかげ
レンガの倉庫そうこかわてたまま
おれの小樽おたるの としつきを
辿たどれば こころに ゆきがふる

ときがすぎても むねがいたむのは
かぜつめたさ こいしたあたたかさ
さすらいながれて ふとまる
おれの小樽おたるさかまち
わかれた あのえかくれ