「さすらい花」の歌詞 石原裕次郎

1968/2/1 リリース
作詞
萩原四朗
作曲
上原賢六
文字サイズ
よみがな
hidden
うらまちくらいネオンに
素顔すがおめて さけそそ
さすらいはなよ-
ジャズのドラムが うなるのに
なんでふるえて ひとみらす

浜茄はまなの かおる故郷こきょう
またくあては ないという
こいしいひとと-
きてえない みじめさを
酒場さかばすずめが なぜろう

うらまち夜半やはんのしぐれが
かぼそいえりに そそぐとも
さすらいはなよ-
はるたずに るじゃない
おれきたい ひとりたび