1. ゆうすげの花歌詞

「ゆうすげの花」の歌詞 石原裕次郎

1984/9/21 リリース
作詞
中山大三郎
作曲
久我山明
文字サイズ
よみがな
hidden
だれにもられずに 日暮ひぐれに
夜明よあたずに って
わたしかなしい ゆうすげのはな
都会とかいのざわめきに かくれていていた
ゆめひとつ できました
あなたにってから しあわせねがうの
はたちをぎたころ あとりむき
なみだばかりの 過去かこ
ひとにはそれぞれ 季節きせつがあると
微笑ほほえさびしく ひたすらきて
そしていま あたたかい あなたのむねなか
しあわせねがうの

どんなにつらくても あきらめずに
何処どこかこころの 片隅かたすみ
あなたをってた がするわたし
すべてをげすてて 貴方あなたにつくしたい
やさしさに いたわりに
ちょっぴりとまどって
しあわせねがうの