1. 哀愁の十二番街歌詞

「哀愁の十二番街」の歌詞 石原裕次郎

1958/6/1 リリース
作詞
大橋光哉
作曲
村沢良介
文字サイズ
よみがな
hidden
さびしくていつまでも ねむれないのは
あのおんなが おわかれを げていったからさ
あおい… つきのひかりもいて
おとこ部屋へや小窓こまどらす
ああ真夜中まよなか十二じゅうに番街ばんがい

まごころであいみじかいけれど
それだけにうつくしい おもになるのさ
とおい…汽車きしゃ汽笛きてきつら
おとこむねうつろにみる
ああ真夜中まよなか十二じゅうに番街ばんがい

スタンドのあかりともし そっとかけよう
LP のレコードは あのおんなのかたみさ
しろい… バラのつぼみもって
おとここいおわりをうた
ああ真夜中まよなか十二じゅうに番街ばんがい