1. 嘆きのメロディー歌詞

「嘆きのメロディー」の歌詞 石原裕次郎

1984/2/1 リリース
作詞
荒木とよひさ
作曲
三木たかし
文字サイズ
よみがな
hidden
さびしい背中せなかを たとえまるめても
ひきずるそのかげせはしない
過去かこはなせば ひとつやふたつ
だれにもえない こころきずがある
おわりないたび終着駅しゅうちゃくえき
いつのか ひとりで たどりつくだけ
かぜよおまえっているのか
ひとはだれでも なげきのメロディー

煙草たばこのけむりを たとえゆらしても
こころのやすらぎは さがせないさ
みち小石こいしを かかとでければ
はかなくゆめさえ むねからえてゆく
おわりないたび目覚めざめたあさ
ふりむけば ぬけがら そこにあるだけ
かぜよおまえっているのか
ひとはだれでも なげきのメロディー

かぜよおまえっているのか
ひとはだれでも なげきのメロディー