1. 地獄花歌詞

「地獄花」の歌詞 石原裕次郎

1971/6/1 リリース
作詞
萩原四朗
作曲
上原賢六
文字サイズ
よみがな
hidden
おれたちに 明日あしたはない
あるのは ひかるひとみ
地獄じごくひとみ
はなさないと あゝああえてるひとみ

あいしあって仕舞しまったものを、他人ひとがどうようとそれは勝手かってです。
貴男あなた地獄じごくたと仰有おっしゃる。そんな地獄じごくこわいのですか。
だれ二人ふたり世界せかいにははいってこれないんですよ。
凝乎じっとこうしているかぎり、こわ世界せかいなどるものですか。
こわいのは、貴男あなたがあたしを裏切うらぎったときだけです…」

まえだけ あいしてる
けるぜ いのちひとつ
ここまでたら
あとがないさ あゝああかえりはないさ

「ほんとですね…あたしだけと…最後さいごまでってくださるのね…
ああうれしい…
さあ、いまここで…あたしをいて!」

太陽たいようはる
くだけて ってしまえ
地獄じごくがなんだ
ほろびるのが あゝああこのがなんだ