1. 夜霧の終着駅歌詞

「夜霧の終着駅」の歌詞 石原裕次郎

1972/2/1 リリース
作詞
梅本としお
作曲
花礼二
文字サイズ
よみがな
hidden
夜霧よぎりにむせんで だきしめあった
かたのふるえが わすれられぬ わすれられぬ
このままいっしょに にたいと
せがんだきみも いまは人妻ひとづま
ああ さいはての
おもせない 終着駅しゅうちゃくえき

つめたいレールを みつめていた
とおいあのは もうない もうない
しあわせだったら いいけれど
うわさがつらい きみのこのごろ
ああ くろかみ
もいちどげたい いとしい言葉ことば

ここからさきへは いけないこい
のぼりばかりの さむまち さむまち
せめての名残なごりに いたくて
たずねてても つらいゆめだけ
ああ きりなか
夜明よあけがさびしい 終着駅しゅうちゃくえき