「思い出ホテル」の歌詞 石原裕次郎

1984/9/21 リリース
作詞
岩谷時子
作曲
鈴木邦彦
文字サイズ
よみがな
hidden
窓辺まどべうみ日暮ひぐれて
みなとかえふねもない
ホテルにひとり 都会とかいてて
なみおときにたのさ

かぜにゆれながら えた年月ねんげつ
ぼくのむねにしみて もどってきた
きみのおもいでよ きみのほほえみよ
ここへおいで 今宵こよいせめてゆめよう

ふりむけばいま ぼくにも
みなとかえふねはない
本当ほんとうこい一度いちどきりで
あいうみときながれた

ほしあかりかぜによいながら
だれぼくむねに しのんで
きみのおもいでよ きみのぬくもりよ
ひざをいて きりのようなゆめよう

かぜにゆれながら えた年月ねんげつ
ぼくのむねにしみて もどってきた
きみのおもいでよ きみのほほえみよ
ここへおいで 今宵こよいせめてゆめよう