1. 最果てから来た男歌詞

「最果てから来た男」の歌詞 石原裕次郎

1959/12/1 リリース
作詞
熊井啓
作曲
小杉太一郎
文字サイズ
よみがな
hidden
てついたうみおれはやって
何時いつ夜明よあかしむねうずいた面影おもかげ
こいなみだか まぼろしか
いとしきひとみ いまはいづこに
あゝ:ああ おれ最果さいはてからおとこ

かえゆめおも公園こうえん
枯葉かれはんで 今日きょうわびしくたたずめば
やみ北風きたかぜ ひび
やけににしむ まちともしび
あゝ:ああ おれ最果さいはてからおとこ

ながぐも 運命さだめおれきてゆく
なみだぬぐえば かなしみだってるよ
てるあてなき さすらいも
せめて微笑ほほえうたおうじゃないか
あゝ:ああ おれ最果さいはてからおとこ