「港」の歌詞 石原裕次郎

1960/12/1 リリース
作詞
渋谷郁夫
作曲
久慈ひろし
文字サイズ
よみがな
hidden
夜更よふけのまち みなとまち
さいはてのまち
霧笛むてきむせ
海峡かいきょうに ああ きり
ころしたいほど きだった
可愛かわいいあの面影おもかげ
うかんでえる 無情むじょううみ

夜更よふけのまち みなとまち
おもまち
おとこむねらすよに
ああ きり
二重瞼ふたえまぶた横顔よこがお
んだ二十才はたちの いもうとに
ていただけさ 未練みれんじゃないさ

夜更よふけのまち みなとまち
灰色はいいろまち
ささやくように くように
ああ きり
える故郷こきょうゆめもない
びた貨物船かもつせんの マドロスを
ぶのはくら海鳴うみなりばかり