「番外野郎」の歌詞 石原裕次郎

1966/12/1 リリース
作詞
杉野まもる
作曲
山本直純
文字サイズ
よみがな
hidden
昨日きのうがあって今日きょうのない
にっぱぐれのこのおれが
明日あすいのちきかえに
まえきになったのさ
あゝああおれたち番外ばんがい野郎やろう

きてかえれるあてもない
それを承知しょうちれたのは
せめておまえ面影おもかげ
いてにたいそれだけさ
あゝああおれたち番外ばんがい野郎やろう

はじめてったそのから
ぬもきるもおなじなら
いっそ地獄じごく二人ふたりして
真赤まっかこいかせよう
あゝああおれたち番外ばんがい野郎やろう

しあわせなんてはじめから
ありはしないさんだなら
だれらないてで
いてくれるか名無ななぐさ
あゝああおれたち番外ばんがい野郎やろう