「白い手袋」の歌詞 石原裕次郎

1958/2/1 リリース
作詞
萩原四朗
作曲
上原賢六
文字サイズ
よみがな
hidden
汽車きしゃときおれかたをのせて
たったひとこと 大丈夫だいじょうぶよ とっただけだ
それでわかれた まどにゆれた あの
しろ手袋てぶくろが やけににうかぶ

こわい東京とうきょうで どんな仕事しごとしてるのか
にはなったが 大丈夫だいじょうぶか といただけだ
それでかえした おさながおも いとしく
ぬれたひとみのそこに うそはないはず

いのちあるかぎかようこころわらぬと
ちかかわした 大丈夫だいじょうぶだ と おれおも
それでいいのだ とおえた あの
しろ手袋てぶくろむねにまたにお