1. 霧の波止場町歌詞

「霧の波止場町」の歌詞 石原裕次郎

1984/10/1 リリース
作詞
水木れいじ
作曲
浜圭介
文字サイズ
よみがな
hidden
ためいきついても しかたないじゃないか
あいしても あいしても ひとつになれない
こもれほのかな とまり
名残なごりのグラスを かさねようー
つらい つらい宿命しゅくめいこころえて
しのびう… しのびう… きり波止場町はとばちょう

指輪ゆびわもやれない こんなおれのために
いつのも いつのつくしてくれたね
ぼそいうなじの おくれ
おまえの まごころ しのばせるー
くらくら小窓こまど汽笛きてきおと
すすりく… すすりく… きり波止場町はとばちょう

約束やくそくしたって しかたないじゃないか
わかれたら わかれたら 二度にどとはえない
みれんざけなど あびるなよ
さびしいひとみをして らすなよー
つきぬ つきぬおもいに 背中せなかけて
ててゆく… ててゆく… きり波止場町はとばちょう