1. 露子の手紙歌詞

「露子の手紙」の歌詞 石原裕次郎

1967/9/1 リリース
作詞
萩原四朗
作曲
曽根幸明
文字サイズ
よみがな
hidden
露子つゆこ 露子つゆこ-
きみ手紙てがみりかえし
かみしめるように なんどもんだ
無事ぶじでいたのが うれしくて
はずかしいほど まぶたれた

きたきたの-
とおいいでまちからと
それだけをいて ところはいが
せめても一度いちど えぬのか
ゆき他国たこくさびしかないか

露子つゆこ 露子つゆこ-
えりのほくろを おもいだす
かえらないゆめと あきらめらりょか
なみだこぼした しみのあと
きみ手紙てがみが ふびんでならぬ