「黄色い月」の歌詞 石原裕次郎

1968/11/1 リリース
作詞
萩原四朗
作曲
野崎真一
文字サイズ
よみがな
hidden
ふるい さびれた 桟橋さんばしわたれば つづく まち屋根やね
おれのうまれた いえあとかよこのあた
たたずむ横丁よこちょう夕陽ゆうひかげ

無理むりたびして はしたが
るのが つら故郷くにつき
おれとあの生木なまきかれていたのを
ていたむかし黄色きいろつき

ふるい さびれた 桟橋さんばしを もどれば くらふね
おれ背中せなか二度にどぶなよ海燕うみつばめ
あのもあのかえらぬものを