1. ひまわり畑の夜歌詞

「ひまわり畑の夜」の歌詞 石崎ひゅーい

2012/7/25 リリース
作詞
石崎ひゅーい
作曲
石崎ひゅーい,Tomi yo
文字サイズ
よみがな
hidden
いつかゆめ
おもしていた
ほしなつ
ひまわりばたけよる
いてる迷子まいご

水色みずいろそら
クジラ雲達くもたち
どこまでも
裸足はだしいかけていた
むぎわらをかぜがさらった

けそうな心臓しんぞう
はじめてふかしたけむりにむせて
でたらめなうたでごまかしてたんだ

ぼくいまもまだここにいるよ
あたらしいスーツでしょぼくれて
ねがつけだして
たのしかったあのなつ
ぼくはまだきみきだ

夕闇ゆうやみかざ
花火はなび
二人寝ふたりねころんで
なんにもしゃべれずにさ

とおくのほうからこえた
やかましいバイクのエンジンのおと
くさにおみていたかった
ぼくはどこへこう ひとりぼっち
みじめな にかけたむしみたく
ねがおしえてほしい
きみのいないなつわり
ぼくいまどんなかおしてる

とびうおになって
夜空よぞらのお月様つきさまにただぶらがってた
った
きみわらったまんま

ぼくいまもまだここにいるよ
安物やすもののシューズでうなだれて
ねがつけだして
ほしえたあのなつ
ぼくはまだきみきだ