「第三惑星交響曲」の歌詞 石崎ひゅーい

2012/7/25 リリース
作詞
石崎ひゅーい
作曲
石崎ひゅーい
文字サイズ
よみがな
hidden
田舎道いなかみちてた星空ほしぞらとか
にわいた紫陽花あじさいとか
全部忘ぜんぶわれないでいたいよ
それでもほらぼく人間にんげんだから
約束やくそくさえまもれないから
大切たいせつなあのひとのことだって いつか

よくれたなつ日静ひしずかなあさ
小屋こやなかえるいぬ
ずっときやまないままのきみ

ロックンロールがながれる葬式そうしきとか
わらこえ火葬場かそうばとか
かしこまったりすることなんかない

みんなつかれてねむりのなか
つきうらめがけて
スペースシャトルがいく

Star falling down
真夏まなつせいなるよる
怪獣かいじゅうたちはパレードの途中とちゅう
ゼンマイのロボットとあそぼうぜ
だからかなしくなんかないよ
だからさみしくなんかないよ
バイバイなんかじゃないよ
かぎはあけておくからいつだっていつだって

魔法まほうみたいにうたうたっている
かぜかれてうたっている
しろいチューリップむねかかげたまま

やさしいかおもしわもエプロンも全部ぜんぶ
土星どせいげる
ぼくわらっていた

きみがずっとまないもんだから
神様かみさまもわんわんして
ぼくたちはまつ囃子ばやしなか

Star falling down
真夏まなつせいなるよる
怪獣かいじゅうたちはパレードの途中とちゅう
ゼンマイのロボットとあそぼうぜ
だからかなしくなんかないよ
だからさみしくなんかないよ
バイバイなんかじゃないよ
かぎはあけておくからいつだっていつだって

田舎道いなかみちてた星空ほしぞらとか
にわいた紫陽花あじさいとか
全部忘ぜんぶわすれないでいたいよ