「バイバイ」の歌詞 石嶺聡子

1998/10/28 リリース
作詞
拝郷芽衣子
作曲
松森由良
文字サイズ
よみがな
hidden
すれちがったものは
なんだろう
単調たんちょうえた生活せいかつなか
気付きづかないとしあな
きっとそこらじゅうに
あったんだね
たがおも気持きもちだけは
わらずにいようって
むかしむかしの約束やくそくだけど
くりかえす
“すき”の気持きもちは
あのときのままで
わらないよ
いまでもまだ こえとどくたび
とてもやさしい
わたしになれる
とおとお出会であえたあの
いまでもわらずに
きつづけていて
迷子まいごになった わたし背中せなか
たたいてくれるよ
あるせるように
あなたがってくれた
別人べつじんみたいにきれいなわたし
しあわせな時間ときなか
まんまるい笑顔えがお
うかべている
たとえとけいが
ぎゃくまわっても
あの二人ふたり
もうもどらない
そんながしてる
別々べつべつみち すすんでみよう
さきおしえては
あげないよ
いまよりすこつよくなれたら
出会であった理由りゆう
わかるはず
こんなふうに
あなたとごしてた
おおきな時間じかんを ぜんぶ
ゼロにしないように
はじまったばかりの
物語ものがたりあるさなきゃ
もうひとりの よわわたし
気付きづかれないうちに

時々ときどきまって
あなたのことをかんがえてる
つよがりも 欲張よくばりも
めてくれたあなたを
別々べつべつみち すすんでみよう
さきおしえては
あげないよ
いまよりすこつよくなれたら
出会であった理由りゆう
わかるはず
こんなふうに
あなたとごしてた
おおきな時間じかんを ぜんぶ
ゼロにしないように
はじまったばかりの
物語ものがたりあるさなきゃ
もうひとりの よわわたし
気付きづかれないうちに