「おもちゃ」の歌詞 石川さゆり

2002/3/25 リリース
作詞
阿久悠
作曲
都志見隆
文字サイズ
よみがな
hidden
かたいベッドに よこたえて
いき細々ほそぼそ ゆめをみる
きる どちらがつか
あさるころ められる
人生じんせいをめんどくさいとおもったら
そこからさきのページはひらかない
こいして おもちゃ あいして おもちゃ
いて わらって また おもちゃ
運命うんめいなんて そういうものさ
ああ めた
ああ いい天気てんき
ああ それなら わたし きますよ

まどのカーテン ななめにけて
からだあずけて そら
名前なまえかくして 年齢ねんれいまでかたり
とも一人ひとりも ないという
きずついてそれをつらいとなげいたら
ふたたびゆめひとには出会であえない
ころんで おもちゃ すべって おもちゃ
ねて お道化どけて また おもちゃ
神様かみさまならば あそんでくれる
ああ がついた
ああ いい景色けしき
ああ やっぱり わたし きますよ

こいして おもちゃ あいして おもちゃ
いて わらって また おもちゃ
運命うんめいなんて そういうものさ
ああ めた
ああ いい天気てんき
ああ それなら わたし きますよ