「ホテル港や」の歌詞 石川さゆり

1992/8/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
三日三晩みっかみばん
まつりばやしがふとんで
秋風あきかぜにしむよる最後さいご花火はなび
これでもうなん未練みれんも なくなったわと
うつむいて つぶやいて なみだぐむ
ブリキのランタン うすあかり
不幸ふこう似合にあいの ひとりざけ
はないけど きるも つらくて
波止場町はとばまち ホテルみなと

出船入船でふねいりふね
ひとでにぎわう桟橋さんばし
見送みおくりのかもめひく景色けしき
此処ここ何処どこくのもせつないからと
うすむね きしめて をよじる
むかし夢見ゆめみひとがいて
舟唄ふなうたばかりをくちずさむ
もないけど 素面しらふもつらくて
波止場町はとばまち ホテルみなと

一生一度いっしょういちど
こいしんじたばっかりに
北国きたぐに海見うみみすご無口むくちになった
ぐせは やっとなおってうれしいけれど
真夜中まよなかに うずくまり つめ
ひとれ ふた海鳴うみなりに
霧笛むてきしずけさに
はないけど わらうもつらくて
波止場町はとばまち ホテルみなと