「夕焼けだんだん」の歌詞 石川さゆり

2009/5/20 リリース
作詞
吉岡治
作曲
岡林信康
文字サイズ
よみがな
hidden
いちばんおきな 場所ばしょ何処どこです?
わたしのこたえを あなたはたずに
谷中やなかというか 西日暮里にしにっぽり
とにかくえきの すぐそばという
何度なんどもお見合みあいしてきたけれど
ちがほしからきたような
こんな相手あいてははじめてでした
十人十色じゅうにんといろというけれど
夕焼ゆうやけだんだん ねこだまり
なによりきと ねこいだ
夕焼ゆうやけだんだん そのそら
あいあかね浮世絵うきよえでした
夕焼ゆうやけだんだん 富士見ふじみそう
富士ふじむかしえたとか

結婚けっこんしました まよまよって
このわくから はみひと
苦労くろうもしたが ごした日々ひび
笑顔えがおがたえず しあわせでした
写真しゃしんてには亭主ていしゅねこ
ほおうつってる
こんないいひとなくしたあとは
くよりわらってらします
夕焼ゆうやけだんだん ねこだまり
あなたのきな ねこだらけ
夕焼ゆうやけだんだん そのそら
あいあかね浮世絵うきよえでした
夕焼ゆうやけだんだん 富士見ふじみさか
富士ふじむかしえたとか

そこからだんだん えますか
ねこよりわたしが えますか
そこからだんだん えますか
ねこよりわたしが えますか